電話機設備のご提案

IPネットワーク接続

IP トランク(SIP / H.323 システム間接続)

外線を捕捉するのと同様の操作で、SIP もしくは H.323 の IP 回線を捕捉し、「拠点番号+内線番号」をダイヤルする事で他拠点の内線を呼び出す事ができます。システム側の制約がなく、各々の拠点でそれぞれシステム設計をする場合に利用します。

<イメージ>IPネットワーク接続:IP トランク(SIP / H.323 システム間接続)
SIPトランクとH.323トランクの違い
SIP
トランク
H.323
トランク
IPフォンサービスとの併用×
ネットワーキング機能との併用
発信者番号通知
指定ポート着信×
アンチトロンボーン×
外線-外線発信時の発番号スルー設定

IP トランク(SIP / H.323 システム間接続)メリット

  • 各々の拠点で独立したシステムを構築できる。
ネットワーキング
ネットワーキング機能を利用すれば拠点間を内線で呼び出すだけでなく大きなひとつのシステムのように、拠点間で様々な機能を共有できます。

ネットワーキング(閉番号方式)

拠点間の内線番号帯をかぶらないように設定し内線を呼び出すのと同様の操作で他拠点の内線を呼び出す事ができます。

<イメージ>IPネットワーク接続:ネットワーキング(閉番号方式)

ネットワーキング(開番号方式)

他拠点の内線を呼び出す際は拠点番号+内線番号をダイヤルし、他拠点の内線を呼び出す事ができます。

<イメージ>IPネットワーク接続:ネットワーキング(開番号方式)

拠点間をネットワーキングすることで通信料の削減、機能の共有ができます。

  • 拠点間の通信料が無料
  • 内線接続となるので拠点間の内線まで直接呼出しが可能
  • 各拠点が連携しており、機能を共有して利用が可能
AXリンク

AXリンクで接続された複数の主装置は同一システムとして動作します。内線番号をダイヤルするだけで他拠点の電話機を呼び出したり、管理の一元化が可能となります。

  • 病棟が離れている病院でも、ハンディーナースコール連動ができる
  • 離れた事務所や工場でも、本部で集中管理ができる
  • コールセンターでは、お客様からの着信を各拠点へ自動振り分けができる
  • AXモバイルリンクを活用し、回線共有で無駄なコストを抑えることができる
<イメージ>IPネットワーク接続:AXリンク

AXリンクを構成する主装置間の通信が切れた場合、設定により以下2つの動作をさせることが可能です。

  • 各主装置を単独システムとして動作させる
  • 代理プライマリシステムにより、AXリンクを再構成する(フェールオーバー)

AXリンクのメリット

  • 複数の主装置が同一システムとして動作。
  • ほぼ全ての機能を共有化が可能。
CCIS接続

CCIS (Common Channel Interoffice Signaling -共通線信号方式) 接続で、UNIVERGE Aspire UX と UNIVERGE SV8300/8500 を IP 接続し、内線相互呼び出しが可能となります。
内線番号をダイヤルするだけで内線電話機を呼び出せ、内線名称も表示します。

※CCIS (Common Channel Interoffice Signaling)は、ITU-T 勧告の No.7 信号方式を採用した局間信号方式を使用し、局間の通話を制御する機能です。

<イメージ>IPネットワーク接続:CCIS接続

CCIS 接続で既設 PBX ユーザの小規模拠点や既設 KTS ユーザの本社など大規模な拠点と接続できます。

  • UNIVERGE SV8500、UNIVERGE Aspire UX など他拠点のコミュニケーションサーバ/ PBXと、IP ネットワークを利用した CCIS 接続(共通線信号方式)での接続により、拠点間で業務効率を高めるテレフォニーサービスが活用が可能です。
  • 発信者番号の通知・表示によるスムーズな電話対応に加え、着信電話の転送や集中課金*2など、さまざまなサービスの利用が可能です。*2 UNIVERGE SV8300、UNIVERGE SV8500 連携時に利用可能

NEC ビジネスフォンの導入をご検討されている方は、弊社へお問合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

050-3535-1000

受付時間: 9:00~17:00 土日祝祭日、年末年始を除く

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ